虫歯無痛治療 (歯が痛い、しみる)

むし歯

むし歯は、お口の中のむし歯の原因菌がプラーク(歯垢)を形成して歯に付着し、
飲食により得られた糖分を分解して「酸」を出し、歯を溶かす病気です。
とても身近な病気なので油断しがちですが、進行したむし歯は自然治癒しませんので、
放っておくとどんどん悪化し内部に進行します。

予防方法

予防方法
むし歯は次のような要因があると進行しやすいと考えられており、
予防治療として当院では以下のような対応をしております。
  • 予防方法
  • 予防方法
  • 予防方法
  • 予防方法
  • 予防方法
  • 予防方法

症状と治療法

根管治療
「しみる・痛む」を感じたらすでにむし歯は進行しています

歯の表面は硬いエナメル質で覆われているので、ごく初期の段階では、
「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などの自覚症状は現れません。
でもその間もむし歯は静かに進行しています。そのため自覚症状が現れたときには、
すでに悪化していることが考えられます。むし歯は早期発見・早期治療ができれば比較的かんたんに済みます。
しかし重度まで悪化させてしまうと、治療が複雑になり治療期間も長引きます。歯の健康がどんどん失われてしまいますので、なるべく早く治療することが大切です。

むし歯の進行段階と
おもな治療について

おもな治療
◎進行段階 症状とおもな治療

『CO:脱灰』

症状
歯の表面のエナメル質の成分が溶け出し、白く濁って見える状態です。自覚症状はまだ現れません。
治療法
歯の汚れを落とすことが基本です。そのために当院では衛生士による歯みがき指導を行います。またリエナメル治療やフッ素塗布によって歯の再石灰化を促します。
CO:脱灰

『C1:エナメル質のむし歯』

症状
エナメル質がさらに溶かされ、黒ずんで見える状態です。まだ痛みはほとんどありません。
治療法
むし歯部分を除去してレジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。
C1:エナメル質のむし歯

『C2:象牙質のむし歯』

症状
エナメル質の内側にある象牙質にまで汚染が進んだ状態です。「しみる・痛む」などの自覚症状が現れます。
治療法
むし歯部分を取り除き、インレー(詰め物)を装着して補います。 また、状況に応じてむし歯が神経に近接している場合や、これ以上むし歯を削ると神経を取らなくてはいけない場合、当院ではMTAセメント(むし歯の消毒、硬組織誘導)を用いて神経を温存する治療も行っております。
CO:脱灰

『C3:神経のむし歯』

症状
象牙質の内側の歯の神経にまで汚染が進んだ状態です。何もしなくてもズキズキと激しく痛みます。
治療法
むし歯の原因菌に汚染された歯の神経や歯質を除去する「根管(こんかん)治療」を行ったあと被せ物をして歯の機能を補います。
C3:神経のむし歯

『C4:歯根のむし歯』

症状
歯冠部分がほとんど溶かされた状態です。歯の神経が死んでしまうといったん痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまると再び激しく痛みます。
治療法
ほとんどの場合、抜歯が選択されます。そして入れ歯治療・ブリッジ治療 またはインプラント治療を行い歯の機能を補います。
その他に当院では抜歯をせずに矯正治療や外科処置を応用し歯の保存する治療も行っておりますのでご気軽にご相談下さい。
C4:歯根のむし歯

『二次う蝕(再発むし歯)』

歯科医院で歯科治療を受けたのに数年後に、違う歯科医院で「虫歯ができていますね」と言われたり、
歯をみがいているのに、虫歯ができたということがあります。
実際にはむし歯治療後の詰め物(銀歯な ど)とご自分の歯との隙間にむし歯菌が入り込むことによって再発する
「二次う蝕」(再発むし歯)というものです。
その他、加齢・歯周病によってハグキが下がり、歯の根元の象牙質が露出することで、
歯の根元にできるむし歯「根面う蝕」(根元むし歯)というものもあります。

こんな時は二次う蝕(再発むし歯)かもしれません。


『冷たいものや温かいものがしみる』


治した歯でも再度、虫歯になることを知っていただき、冷たいものや温かいものがしみるなどの症状が出た時には、早めに受診しレントゲン写真などでチェックするこ 歯と詰め物の境目にできることが圧倒的に多いので、
フロス(糸ようじ)を行ったときに引っかかたり、切れることがないかをチェックします。
もし引っかかったり、切れるようなことがあれば、むし歯の再発の可能性が高いので、当院までお越しください。

二次う蝕(再発むし歯)

再発むし歯の予防

再発むし歯の予防には、まず、食後の歯みがきで食べカスや歯垢を取り除くことが大切です。それに加え、歯の表面の再石灰化を促すフッ素が常にお口の中に留まっていることが望ましいとされています。定期的なメンテナンスが効果的です。

再発むし歯の予防

無痛治療への取り組み

拡大鏡を用いた治療

どんなに優れた人工歯でも、天然歯に勝るものはありません。
だからこそ健康な歯質をできるだけ残し、抜歯を避けることが基本です。
当院では、拡大鏡を用いて患部を拡大視して行う精密治療に努めています。
それによってむし歯に汚染された部位をしっかり取り除いたうえ、
健康な歯質をできるだけ残すような精密治療が可能になります。そしてそれが痛みを抑えた治療にもつながるのです。

表面麻酔の使用

治療中に痛みを感じないように麻酔注射をしますが、その「注射」の痛みが苦手な方がいらっしゃいます。
歯ぐきに注射針を刺すときの「チクッ」とする痛みを抑えるために、当院ではまず表面麻酔を歯ぐきに塗ります。
これによって注射の痛みが大きく軽減されるのです。

細い注射針の使用

注射針は細ければ細いほど痛みが小さくなります。そのため当院で採用しているのは、現在歯科診療で使用できるもっとも細い注射針です。そして注射の痛みを軽減します。

麻酔薬の温度差をなくす

冷蔵保存されている麻酔薬をそのまま用いてしまうと、温度差による刺激が痛みとなって感じられる場合があります。 当院では常温に戻した麻酔薬を用いることで温度差をなくし、注入した際の痛みを和らげます。

電動麻酔機による
注入量・速度の調整

手動で麻酔液を注入すると、時に麻酔液が少し多めに入ってしまい、その圧力によって痛みが感じられることがあります。
そこで当院では必要に応じて電動麻酔器を 用いることで注入量を調整し、痛みを与えないようにしております。

知識と技術の活用

痛みを抑えるために医学的見地 からアプローチします。たとえば、痛みを感じやすい「痛点」を避け、表面から少しずつ深層部に進んでいきます。また少しテンション(ひっぱり)をかけながら注射するなどの工夫をして、痛みを抑えます。