虫歯無痛治療 (歯が痛い、しみる)

むし歯

むし歯は、お口の中のむし歯の原因菌がプラーク(歯垢)を形成して歯に付着し、
飲食により得られた糖分を分解して「酸」を出し、歯を溶かす病気です。
とても身近な病気なので油断しがちですが、進行したむし歯は自然治癒しませんので、
放っておくとどんどん悪化し内部に進行します。

予防方法

症状と治療法

無痛治療への取り組み

拡大鏡を用いた治療

どんなに優れた人工歯でも、天然歯に勝るものはありません。
だからこそ健康な歯質をできるだけ残し、抜歯を避けることが基本です。
当院では、拡大鏡を用いて患部を拡大視して行う精密治療に努めています。
それによってむし歯に汚染された部位をしっかり取り除いたうえ、
健康な歯質をできるだけ残すような精密治療が可能になります。そしてそれが痛みを抑えた治療にもつながるのです。

表面麻酔の使用

治療中に痛みを感じないように麻酔注射をしますが、その「注射」の痛みが苦手な方がいらっしゃいます。
歯ぐきに注射針を刺すときの「チクッ」とする痛みを抑えるために、当院ではまず表面麻酔を歯ぐきに塗ります。
これによって注射の痛みが大きく軽減されるのです。

細い注射針の使用

注射針は細ければ細いほど痛みが小さくなります。そのため当院で採用しているのは、現在歯科診療で使用できるもっとも細い注射針です。そして注射の痛みを軽減します。

麻酔薬の温度差をなくす

冷蔵保存されている麻酔薬をそのまま用いてしまうと、温度差による刺激が痛みとなって感じられる場合があります。 当院では常温に戻した麻酔薬を用いることで温度差をなくし、注入した際の痛みを和らげます。

電動麻酔機による
注入量・速度の調整

手動で麻酔液を注入すると、時に麻酔液が少し多めに入ってしまい、その圧力によって痛みが感じられることがあります。
そこで当院では必要に応じて電動麻酔器を 用いることで注入量を調整し、痛みを与えないようにしております。

知識と技術の活用

痛みを抑えるために医学的見地 からアプローチします。たとえば、痛みを感じやすい「痛点」を避け、表面から少しずつ深層部に進んでいきます。また少しテンション(ひっぱり)をかけながら注射するなどの工夫をして、痛みを抑えます。